2017/05/09

冬期アニメの感想(2017)

おにんぎょうびより0058-1





















さて、今更ですが、1月~3月期に観たアニメの感想です。


『昭和元禄落語心中』
2期にして完結編。
今回は1期の1代後の話という感じで、うるさいのが主人公。
1期は凄く良かったと思いますが、個人的には2期はイマイチでした。
何と言っても、主人公が馬鹿でうるさ過ぎます。
そして、その嫁のおばはんがリアルツンデレで鬱陶しいし、
更に、八雲のおっさんが女々しくて鬱陶しかったです。
その上、脇役も無駄に格好付けた粋がった輩ばかりで面倒臭い。
もう、最後まで観るのが苦痛でしたが、11話だけはなかなか良かったです。
2期の全ては、この11話に辿り着くまでの前振りだったと言っても過言では無い程。
そんな感じで、
落語界ってこんな鬱陶しくて面倒臭い輩ばかりなのか!と思えてしまって、
なんか落語が嫌いになりそうなアニメでした。
残念!


『ACCA 13区監察課』
どちらかと言えば雰囲気アニメでしたね。
大人向けのお洒落な雰囲気が凄く良かったです。
これを観るとスイーツが食べたくて仕方がなくなります。
出てくるスイーツやパンが美味しそう過ぎてヨダレが・・・。
OP曲もED曲も良かったし、非常にクオリティの高いアニメだったと思いますが、
終盤の物語が今一つで、少し退屈で眠かったです。
終盤の物語がこの作品の要となる部分なのですが、そこのインパクトが弱かった。
個人的には中盤までの、雰囲気を重視した大人向けの気怠い感じが好きでした。
少し地味な印象でしたが、良作だったと思います。


『AKIBA'S TRIP』
2話ぐらい観て切る予定だったのですが、これが予想外に面白く、
個人的に、今期のダークホース的なアニメでした!
キャラはベタではあるがそれがまたキャッチーで魅力的だったし、
濃いオタクネタを絡めた物語もとても面白く、
王道的で分かり易く単純、だがそれがいい!!!
その上、構成や演出、プロモーション方法等も非常に上手く、
軽い気持ちでスッキリと楽しめる良いアニメだったと思います。
古き良きオールドスクール要素を軸に
現代的なアヴァンギャルド要素を絶妙に織り交ぜた感じだろうか。
馬鹿で単純だけど憎めない、それがオールドスクールスタイル!!!
近頃のアニメは緻密に計算されて凝っていて
ハイクオリティな作品ばかりだと思いますが、
やっぱり馬鹿で単純なのは正義だと思うのです。
だからこそ、パソコンちゃんみたいな回でも涙腺が刺激されて感動出来るのです。
いやー、あの回を観た後は思わずDVD買いそうになりました。
てか、DVD、何故かえらく安いな。買おうかな。
そんな感じで、気軽に楽しめた良いアニメでした。
こういうアニメをまた作って欲しいですね。


『3月のライオン』
パッと見た感じ、儚くて可愛い感じの絵柄なのに、
ドぎついシャフト×新房監督の映像で、一体どの様な作品に仕上がるのか
とても楽しみにしていたのですが、放送を観た瞬間に「あ、新房監督だw」と分かる、
やっぱりいつものシャフト×新房クオリティだった!
そして、相変わらずの超絶クオリティの凄まじい完成度!
最早、他の作品とは次元が違いますね!
深い!深過ぎる!
物語も深ければ映像や演出の全ても深い!
シャフト×新房監督はネ申ですね。感服です。
取り敢えず、DVD買ってます。
ニャーのティッシュカバーをもらうのだ!


それにしても、冬期アニメもまた良作揃いでした。
いや~、近頃、アニメのクオリティがどんどん上がっていて凄いですね。
今、放送している今期も良い作品が多くて観るのが大変です。

おにんぎょうびより0058-2

















ドール:Sweety Cream(リナシュシュ)



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
count_curse at 01:32│Comments(0)TrackBack(0)あにめの感想 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字