2016/12/08

生駒山に行ってきました(4/4)

おにんぎょうびより0040-1





















ひなを連れて生駒山に行って来ました。

信貴生駒スカイラインを通って生駒山麓公園へ。

たくさん写真を撮ったので、今回は記事を4回に分けています。
最初は3分割にする予定だったのですが、写真を選んでいたら思ったよりも枚数が増えてしまったので4分割に変更しました。

そんなわけで、全4回の最終回です。

おにんぎょうびより0040-2





















最後は、公園内に展示してあるケーブルカーの中で撮りました。

このケーブルカーの前には大きなグランドがあり、僕が公園に来た時はグランドで何かの競技をしに来ている団体がいたのですが、他の場所で撮影している間に団体さんは大型バスで帰った様で、再びこの場所に戻った時には辺りは閑散としており、ペットや子供を連れて散歩している人やお年寄りがぱらぱらといるだけだったので、ここぞとばかりに撮影を開始しました。

このケーブルカーは、周囲の遊具と同様に自由に使える感じで、とりあえず、ひなを電車内に連れて行って撮りました。撮影中に誰か入って来たらどうしようかと思いましたが、結局誰も入って来ずで助かりました。入って来たら・・・、「あ、すんません。」というしかなかったなw
犬の散歩で横を通ったおばちゃん二人組からは、「子供さん撮ってはるわ。」という声が聞こえてきましたが・・・、うん、まぁ、普通に横を通り過ぎただけなので、良しとしよう。

おにんぎょうびより0040-3





















このケーブルカーの近くには小さな川と木の橋と紅葉したもみじがある絶妙な撮影スポットがあったのですが、この日は曇りの上に陽も結構沈み始めていて少し暗くなっていたし、更に閉園の放送まで流れたので仕方無く撮影は断念しました。折角の見事な紅葉だったのに、勿体無い事をしてしまった・・・。

さて、今回の野外撮影をした時には未だ余り寒くなく、寧ろひなを運んだり歩いたりしていると若干暑いぐらいでしたが、最近ではすっかり冬らしい寒さになってしまいましたね。
お陰様で、紅葉も黄葉も褐葉も見頃は終わってしまい、結局、今年も秋らしい風景を背景にドールを撮る事が出来なかったので、来年こそは撮影出来たらいいなと思います。
そして、冬と言えば、やっぱり雪景色でも撮ってみたい!
しかし、雪道を車で走るのは殆ど経験が無いので若干不安が残ります。特に雪の山道なんて、スリップして崖から転落したら最悪なのでw。
まぁ、雪素人でも大丈夫そうな場所で機会があれば是非とも冬の野外撮影もしてみたいなと思っています。
雪とドールを撮ってみたい!

おにんぎょうびより0040-4





















いや~、それにしても疲れましたorz
ひなを車に乗せてカメラ等も片付けて車に乗った途端に、疲労がドッと押し寄せてきて、もう帰るのが嫌になるぐらい疲れました。この年齢にして体力の衰えが半端無いです。どうにかしないといけないと思いつつ、全くどうにもしていません。そろそろ真面目にどうにかしないと・・・。
しんど過ぎて帰り道は高速で帰ろうかとも思いましたが、迷った挙句、やはりここは節約して下道で・・・。何とかトボトボと家に辿り着きましたorz
なんかもう疲労困憊で風邪を引きそうな気がしたので、この日は風邪薬を飲んで寝ました。
そして、次の日(だったかな?)は全身が筋肉痛に!
しんど過ぎる!!!

最高に疲れましたが、でもまたひなを連れて何処かに行きたいです。

ーーおわりーー

おにんぎょうびより0040-5





















そう言えば、先日、15年ぶりぐらいに映画を観に行って来ました。
いや、中学か高校以来、映画館には行ってないと思うので15年では済まないな。

最近、「君の名は。」が話題になっていて少し気になっていたのですが、
何かで観た秒速何メートルみたいなのが個人的にイマイチで、開始5分で「あ、これ違うな。」と思って止めた事もあって、恐らくこの人の作品は一般人向け過ぎて"今風の作品"に良い印象が無い変人の僕には合わないなと思い、結局「君」は止めて、
近頃、ラジオでも何度か取り上げられていて気になっていた「この世界の片隅に」を観に行って来ました。
結論から言うと、めっちゃ良かったです!

まぁ、その話はまた次回に(するかしないかは分かりませんが)。

おにんぎょうびより0040-6

















ドール:ラブドールプチ ナノ(雛)(オリエント工業)



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
count_curse at 18:42│Comments(0)TrackBack(0)ひな 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字